読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tenkei’s blog

気になったニュースから過去の流れを自分なりにまとめるブログ

フランス大統領選挙前なので、ここ1年間の世界の選挙結果をまとめる

はじまり

2017年4月23日に行われるフランス大統領が最近話題になっている。
選挙結果によっては、フランスもEUから離脱する可能性が浮上しているためだ。
昨年から世界で選挙が行われ、金融市場が揺れたことが多々あり警戒もされている。


ここ1年で過去行われた選挙とその結果をまとめる。

選挙結果の推移

No.日付内容
1. 2016/06/23 イギリスでEU離脱をかけた国民投票が行われた。
結果:離脱が僅差で勝利した。 
2. 2016/07/11

日本で参議院選挙が行われた。
結果:自民党議席数を伸ばした。

3. 2016/11/08

アメリカで大統領選挙が行われた。
結果:共和党が勝利し、トランプ大統領が誕生した。

4. 2016/12/03

イタリアで改憲を問う選挙が行われた。

結果:与党の改憲案は否決され、首相は辞意を表明した。

5. 2017/03/15 オランダで総選挙が行われた。
結果:第一党が勝利し与党が維持した。
6. 2017/04/23 フランス大統領選挙 1回目
7. 2017/05/07 フランス大統領選挙 2回目
8. 2017/09 中国 第19回党代表会議

まとめ

過去の選挙結果後、金融市場が大きく崩れたは2回だった。
1回目はブレグジット(イギリスのEU離脱
2回目はアメリカ総選挙(トランプ大統領)誕生

この2つにみられた共通点としては、

  • 事前の支持率の予想と異なる結果
  • 現状維持(前与党)からの脱却を測る政党
  • 事前予想は拮抗していた
  • 国内の政治(経済)不安が高い状態

フランス大統領選の様子をみると、比較的これらの条件に近いように思う。
そのため、仮にルペン氏が勝利する結果となった場合は市場は荒れる可能性がある。

参考記事

  1. イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票 - Wikipedia

  2. 【参議院選挙(参院選)】:参院選2016:選挙:読売新聞

  3. アメリカ大統領選開票速報:トランプがクリントン下し勝利宣言 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

  4. イタリア首相、辞意表明 改憲問う国民投票で大敗 - BBCニュース

  5. オランダ総選挙結果 ヨーロッパ首脳が歓迎|日テレNEWS24

  6. フランス大統領選マクロンとルペンが優位 メランション追い上げ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

  7. 第62話 中国:2017年は要注意の年 | 経営コラム | 事業繁栄のための経営セミナー・社長セミナー/日本経営合理化協会

  8. 2017年は欧州選挙の年!今後の政治イベントをチェック!(2月更新版) – eワラントジャーナル